短い目標復旧時点(RPO)で、リカバリ サイト上の複数のホストからアクセス可能な 1 つの仮想マシン ファイル ストア(VMFS)データベースに多数の仮想マシンをレプリケートすると、パフォーマンスが遅くなる可能性があります。

この問題は、ESXi Server 5.0をリカバリ サイト上で実行している場合に発生します。RPO ターゲットが失われる結果になることがあります。

RPO ターゲットが長くなると、1 つの共有 VMFS データストアに正常にレプリケートできる仮想マシンの数が増加します。

リカバリ サイト上の 1 つの VMFS ボリュームにレプリケートするべき仮想マシンの数を算出するときは、ガイドラインに従って行います。

  • すべての仮想マシンの RPO が15 分の場合、同一の VMFS データストアに 50 ~ 100 の仮想マシンをレプリケートするとパフォーマンスに影響が及びます。

  • すべての仮想マシンの RPO が30 分の場合、同一の VMFS データストアに 100 ~ 200 の仮想マシンをレプリケートするとパフォーマンスに影響が及びます。

1 つの保護グループ内に複数の RPO ターゲットが混在している場合、1 つの VMFS ボリュームにレプリケート可能な仮想マシンの数の算出時に、RPO ターゲットの調和平均を算出します。たとえば、20 分の RPO の仮想マシンが 100、600 分の RPO の仮想マシンが 50 ある場合、この RPO の調和平均は次のように計算します。

150/(100/20 + 50/600) = ~30

この例では、それぞれ約 30 分の RPO を持つ 150 の仮想マシンでのセットアップに似た構成になります。この場合、これらの 150 の仮想マシンを 1 つの VMFS ボリュームにレプリケートすると、パフォーマンスに影響が及びます。

この問題は、複数のホストで共有されている VMFS データストアのみに影響します。1 つのホストに対してローカルであるデータストアや、その他のデータストアのタイプ(NFS など)では発生しません。この問題は、ESXi Server 5.0 を実行しているインストール項目にのみ影響します。

vSphere Replication サーバーの数は無関係です。これらの制限は、1 つの VMFS データストアにレプリケート可能な仮想マシンの数に適用されます。

手順

  1. リカバリ サイトの ESXi Server をバージョン 5.1 以降にアップグレードします。
  2. ESXi Server をバージョン 5.1 以降にアップグレードできない場合、レプリケートされた仮想マシンを再配分するか、それらの RPO を調整します。
    • 1 つの VMFS ボリュームにレプリケートする RPO が短い仮想マシンの数を、より多数の小さいデータストアを使用するといった方法によって減らします。

    • より長い調和平均 RPO を得るために、1 つの VMFS ボリュームにレプリケートしている仮想マシンの RPO を増やします。