vSphere Replication は、レプリケーションに対して構成された仮想マシンのレプリケーション状態を示します。

状態

各状態の詳細

OK

OK、移動、リカバリ

警告

一時停止中、OK (RPO 違反)、無効、無効(RPO 違反)、フル同期 (RPO 違反)、同期 (RPO 違反)

処理中

フル同期、同期、初期フル同期、構成

エラー

エラー、エラー (RPO 違反)

リカバリ済み

リカバリ済み

注:

レプリケーション状態が [無効] の場合、ネットワーク アドレス変換 (NAT) を使用してソースおよびターゲット サイトに接続されている可能性があります。vSphere Replication は NAT をサポートしていません。サイトに接続するときはクレデンシャル ベースの認証と NAT のないネットワーク ルーチンを使用してください。アクティブでないレプリケーションの状態のもう 1 つの原因は、ソース仮想マシンの電源がオフになっていることです。自動レプリケーションは、仮想マシンがオンになっているときのみ動作します。