Microsoft SQL Server データベースを作成する際は、vSphere Replication をサポートするように適切に構成する必要があります。

始める前に

SQL Server Browser サービスが実行されていることを確認してください。

このタスクについて

SQL Server Management Studio を使用して、vSphere Replication の SQL Server データベースを作成および構成します。

この情報は、vSphere Replication の SQL Server データベースを構成するために実行する必要がある一般的な手順を示します。関連手順を実行する方法については、SQL Server のドキュメントを参照してください。

手順

  1. データベース インスタンスを作成するときは、混合モード認証 を選択します。

    vSphere Replication アプライアンスとデータベース サーバは異なるホストで実行されるため、Windows 認証ではなく、混合モード認証を使用する必要があります。

  2. SQL Server の名前付きインスタンスまたはデフォルトのインスタンスのいずれかを使用します。

    TCP 動的ポートを使用する場合、SQL Server の名前付きインスタンスを使用する必要があります。

  3. TCP をデータベース インスタンスで有効にします。
  4. TCP ポートを設定します。

    オプション

    アクション

    TCP 静的ポート

    TCP ポートをデフォルトの 1433 に設定します。

    TCP 動的ポート

    1. SQL Server の名前付きインスタンスを使用します。SQL Server の名前付きインスタンスでは、動的ポートのみを使用できます。

    2. vSphere Replication アプライアンスの仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) の DB URL の表示 チェック ボックスを選択します。

    3. DB URL 値を変更します。URL の port=ポート番号 を instanceName=インスタンス名 に置換します。

    4. リモート マシンから PortQuery コマンドを使用して、SQL Server Browser サービスが実行されるポートがファイアウォールによりブロックされていないことを確認します。SQL Server Browser はポート 1434 で実行されます。ターミナル ウィンドウで PortQuery コマンドを入力します。

      PortQry.exe -n Machine_Name -p UDP -e 1434
  5. データベース サーバのファイアウォールが TCP ポートで受信接続を許可することを確認します。
  6. vSphere Replication セキュリティ ログインを作成します。
  7. vSphere Replication データベースを作成して、vSphere Replication セキュリティ ログインをデータベース所有者として設定します。
  8. dbo ユーザーと dbo スキーマ設定を維持してください。

    vSphere Replication セキュリティ ログインはデータベース所有者なので、データベース ユーザー dbo にマッピングして、dbo スキーマを使用します。