vSphere Replication を使用して、ターゲット サイトで正常にレプリケートされた仮想マシンを復旧できます。

vSphere Replication は、レプリケートされた仮想マシンを復旧するための手順を実行します。

  • 最新の変更の同期を実行する場合、vSphere Replication は、ターゲット サイトで仮想マシンを復旧する前にソース サイトが利用可能であることとソースの仮想マシンがパワーオフされていることを確認します。vSphere Replication は、ソース サイトからターゲット サイトに変更を同期します。

  • 同期をスキップして利用可能な最新のデータで復旧する場合(たとえばソース サイトが利用できないとき)、vSphere Replication はターゲット サイトの最新の利用可能なデータを使用します。

  • レプリケートされた .vmdk ファイルを再構築します。

  • 新しくレプリケートされた仮想マシンを正しいディスク パスで再構成します。

  • 仮想マシンをターゲット サイトの vCenter Server に登録します。

受信レプリケーション タブでレプリケートされたサイトで一度に 1 台の仮想マシンを復帰できます。必要に応じて、復旧した仮想マシンの電源をオンにできます。リカバリされた仮想マシンのネットワーク デバイスが切断されます。完全に動作可能になるようにレンダリングするために、復帰した仮想マシンを修正することが必要になる場合があります。