vSphere Replication により、ソース サイトからターゲット サイトに仮想マシンをレプリケートできます。

各ユーザーのデータ保護のニーズに応じて、特定の時間間隔で目標復旧時点 (RPO) を設定できます。vSphere Replication は、レプリケーション用に構成されたソース サイトの仮想マシンに加えられたすべての変更を、ターゲット サイトにあるレプリカに適用します。このプロセスは、設定した RPO 間隔で再度実施されます。

vSphere Replication を使用して仮想マシンをレプリケートするには、vSphere Replication アプライアンスをソース サイトとターゲット サイトにデプロイする必要があります。vSphere Replication インフラストラクチャは、各サイトに 1 つの vSphere Replication アプライアンスを必要とします。

レプリケーションを構成できるように、ソース サイトとターゲット サイトは接続されている必要があります。どちらかのサイトが他方のサイトからアクセスできない、またはオフラインになっている場合、認証が失敗した場合、あるいは証明書が変更されている場合は、vSphere Replication のインターフェイスに disconnected 状態であることが表示されます。これらの理由でどちらかのサイトが disconnected 状態にあると、レプリケーションを実行できません。前回のセッションの有効期限が切れたときに vSphere Web Client にログインしている場合、そのサイトも disconnected 状態に表示される場合があります。この場合、スケジュール設定されたレプリケーションは正常に続行されます。vSphere Replication サイトが切断状態に表示されるを参照してください。

vSphere Replication は、同じワークフローの複数の仮想マシンのリカバリはサポートしていません。各リカバリ ワークフローは、個々の仮想マシンに対するものです。

パワーオフ状態の仮想マシンをレプリケートすることはできません。レプリケーションは、仮想マシンがパワーオン状態のときに開始されます。vSphere Replication は、仮想マシンのテンプレートのレプリケーションには使用できません。