特定の予期せぬ不具合が発生した場合、vSphere Replication のログに一般エラー メッセージが記録されます。

特定の予期せぬ vSphere Replication の不具合により次のようなエラー メッセージが表示されます。VRM サーバの一般エラー。このドキュメントでトラブルシューティング情報があるかどうかをチェックしてください。

一般エラーに加え、メッセージでは問題に関する詳細情報も提供されます。例を次に示します。

  • VRM Server generic error.このドキュメントでトラブルシューティング情報があるかどうかをチェックしてください。詳細例外は次です。'org.apache.http.conn.HttpHostConnectException: Connection to https://vCenter_Server_address refused'このエラーは、vCenter Server への接続の問題に関連しています。

  • エラー: VRM グループ virtual machine name の VR 同期が失敗しました。同期の監視が中断されました。ソース ホストとターゲット VR サーバ間のレプリケーション トラフィック接続を確認してください。接続の問題が解決されたときに同期が自動的に再開されます。この問題は、同期操作エラーに関連しています。

  • エラー: 仮想マシン「virtual machine name」のレプリケーションを逆転できません。VRM Server generic error.このドキュメントでトラブルシューティング情報があるかどうかをチェックしてください。詳細な例外は「org.hibernate.exception.LockAcquisitionException: トランザクション (プロセス ID 57) は、別のプロセスによりロック リソースでデッドロックされ、デッドロックの対象として選択されています。トランザクションを再実行してください。」です。この問題は、Microsoft SQL Server のデッドロックに関連しています。

vSphere Replication は、構成またはインフラストラクチャのエラーが発生した場合にこのメッセージを送信します。たとえば、ネットワークの問題、データベース接続の問題、またはホストの過負荷がこれに該当します。

タスクの結果

詳細例外 メッセージで、問題の情報を確認します。メッセージの詳細に応じて、不具合のあった操作を再度試したり、vSphere Replication を再起動したり、インフラストラクチャを修正したりすることができます。