vSphere Replication は、ESXi 5.1 以降のホストで実行される Windows Server 2008 と Windows 8 ゲスト オペレーティング システムをもつ仮想マシンのアプリケーション静止レプリカを作成できます。

ESXi 5.1 以降のホストが古いバージョンのホストを含んでいるクラスタに所属しており、ユーザーが vMotion を使用してレプリケートされた仮想マシンを古いホストに移動すると、vSphere Replication はファイル システム静止レプリカを作成します。

クラスタでの ESXi 5.1 (以降) と古いホストの混在が、古いホストへの vMotion 中にファイル システム静止レプリカを作成します。本来このプロセスではアプリケーション静止レプリカが作成されるべきです。

タスクの結果

アプリケーション静止中の Windows Server 2008 と Windows 8 仮想マシンを vMotion で移動する前に、クラスタのすべてのホストが ESXi 5.1 以降を実行中であることを確認してください。