ターゲット データストア上の仮想マシンで重複したファイルが見つかった場合にレプリケーション シードを使用できます。vSphere Replication はその差異を比較して、変更したブロックのみをレプリケートします。

最初のフル同期の時にレプリケートするデータの量に対するネットワーク帯域の消費を回避するために、vSphere Replication ではリモート データセンターに仮想ディスク ファイルをコピーし、それらをレプリケーションの構成中にレプリケーション シードとして指定できます。vSphere Replication は、違いを比較し、変更されたブロックのみをレプリケートします。

仮想マシンに対してレプリケーションを構成するときに、vSphere Replication はターゲットのデータストアの同じファイル名をもつディスクを探します。同じ名前をもつファイルが存在する場合、vSphere Replication は警告メッセージを表示し、レプリケーションのシードとしてターゲット ディスクを使用するオプションを提供します。このオプションを受け入れる場合、vSphere Replication は違いを比較し、仮想マシンのレプリケーションが完全に構成され、有効になった後で変更されたブロックのみをレプリケートします。プロンプトを受け入れていない場合、レプリケーションのターゲット場所を変更する必要があります。

注:

レプリケーションのシードとして使用する vmdk ファイルをダウンロードする前に、ソースの仮想マシンはパワーオフしておく必要があります。