構成済みのレプリケーションのターゲットの場所を変更するには、vSphere Replication でレプリケーションの構成を解除して、再構成する必要があります。

すべてのレプリケーション インスタンスが失われ、vSphere Replication はすべての仮想マシン ディスクの新しい場所に対して初期完全同期を実行します。レプリケーション シードがこれらのディスクの一部に使用された場合、vSphere Replication はシードを再使用します。

vSphere Replication がレプリケーションの構成を解除した後にソース ホストがオフラインになると、仮想マシンはレプリケーションで構成されません。

再構成中はソース ホストを引き続きオンラインにし、完全同期実行中もレプリケーションが OK 状態になるようにオンラインのままにしておく必要があります。ディスクを別の場所に移動する前にレプリケーションが実行されるためです。レプリケーション シードがない場合、同期には時間がかかる可能性があります。