vSphere Replication は OVF 仮想アプライアンスとして配布されます。

始める前に

  • ソース サイトとターゲット サイトに vSphere と vSphere Web Client がインストールされていることを確認します。

  • vSphere Replication パッケージをローカル ディレクトリにダウンロードするか、オンラインの URL を入手します。

  • vSphere Web Client のログイン ページからクライアント統合プラグインをダウンロード、インストールします。プラグインがインストール済みの場合は、リンクは表示されません。

  • vSphere Web Client で、vCenter Server をデプロイしている vSphere Replication インスタンスを選択し、管理 > 設定 > 詳細設定 の順にクリックします。VirtualCenter.FQDN の値が完全修飾ドメイン名またはリテラルなアドレスに設定されていることを確認します。

このタスクについて

標準の vSphere OVF デプロイ ウィザードを使用して、vSphere Replication アプライアンスをデプロイします。

手順

  1. ソース サイトで vSphere Web Client にログインします。
  2. vCenter > ホストおよびクラスタ を選択します。
  3. ホストを右クリックして、OVF テンプレートのデプロイ を選択します。
  4. vSphere Replication アプライアンスをデプロイする OVF ファイルの場所を指定し、次へ をクリックします。
    • URL を選択し、URL を指定して、オンラインの URL からアプライアンスをデプロイします。

    • ローカル マシンに zip ファイルをダウンロードした場合は、ローカル ファイル > 参照 を選択して .ovf ファイルの場所を特定します。

  5. 仮想アプライアンスの詳細を確認し、次へ をクリックします。
  6. エンド ユーザー使用許諾契約書 (EULA) に同意し、次へ をクリックします。
  7. 仮想アプライアンス用に、デフォルトの名前とターゲット フォルダまたはデータセンターを承諾するか、新しい名前とフォルダまたはデータセンターを指定して 次へ をクリックします。
  8. デプロイされたテンプレートを実行するクラスタ、ホスト、vApp、またはリソース プールを選択して、次へ をクリックします。
  9. 仮想アプライアンス用のターゲット データストアおよびディスク フォーマットを選択し、次へ をクリックします。
  10. 使用可能なネットワーク、IP プロトコル、IP 割り当てのリストからネットワークを選択し、次へ をクリックします。

    vSphere Replication は、DHCP と固定 IP アドレスの両方をサポートします。ネットワーク設定は、インストール後、仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) を使用して変更することもできます。

  11. カスタマイズされたテンプレートのルート アカウントのパスワードを設定し、次へ をクリックします。

    パスワードは、8 文字以上である必要があります。

  12. vCenter Extension vService へのバインドを確認し、次へ をクリックします。
  13. 設定を確認して、デプロイ後に仮想アプライアンスをパワーオンするためのチェック ボックスを選択し、終了 をクリックします。

    vSphere Replication アプライアンスがデプロイされます。

  14. vSphere Web Client からログアウトし、ブラウザを閉じてから、再度ログインします。

    vSphere Web Clientホーム タブに vSphere Replication が表示されます。

  15. この手順を繰り返して、vSphere Replication をターゲット サイトにインストールします。

タスクの結果

vSphere Replication はアプライアンスのデプロイ後すぐに使用できます。手動での構成や登録は必要ありません。

次のタスク

仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) を使用して、vSphere Replication アプライアンスを再構成します (任意)。外部データベースを使用するための証明書のインストール、アプライアンスのルート パスワードの変更、トラスト ポリシーの変更、または vSphere Replication の構成を実行できます。