レプリケーションを再構成して設定を変更できます。

たとえば、レプリケーションを再構成してレプリケーションの仮想マシン ディスク ファイルを有効または無効にしたり、RPO、MPIT リテンション ポリシー、静止方法などのレプリケーション オプションを変更したりできます。レプリカ構成およびディスク ファイルに別のターゲット データストアを指定することもできます。

レプリケーション パラメータを再構成するには、送信レプリケーション または 受信レプリケーション からレプリケーションを選択し、再構成 を選択します。