vSphere Replication は、vSphere Replication アプライアンスのデプロイ後すぐに使用できます。デプロイ後、必要に応じて全般設定を仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) で再構成できます。

始める前に

  • vSphere Replication アプライアンスがパワーオン状態であることを確認します。

  • vSphere Replication アプライアンスを構成するには、管理者権限が必要です。

  • vCenter Server が、対応する 5.5.x アップデート リリースに更新されました。

このタスクについて

vSphere Replication アプライアンスの全般設定には、vSphere Replication アプライアンスの名前と IP アドレス、接続する vCenter Server インスタンスのアドレスとポート、および管理者 E メール アドレスが含まれます。全般設定は、仮想アプライアンス管理インターフェイス (VAMI) でデフォルト値から変更できます。

たとえば、アプライアンスのデプロイ時に固定 IP アドレスを指定しなかったし、デプロイ後に DHCP によりアドレスが変更された場合は、vSphere Replication アプライアンスのアドレスを再構成できます。同様に、デプロイ後にアドレスが変更された場合、vCenter Server インスタンスのアドレスをアップデートできます。

手順

  1. Web ブラウザで vSphere Replication アプライアンスの VAMI に接続します。

    VAMI の URL は https://vr-appliance-address:5480 です。

  2. 該当する場合は、ブラウザのセキュリティ例外を確認して確定し、ログイン ページに進みます。
  3. アプライアンスのルート ユーザー名とパスワードを入力します。

    vSphere Replication アプライアンスの OVF デプロイ時にルート パスワードを構成しました。

  4. VR タブを選択して、構成 をクリックします。
  5. vSphere Replication アプライアンスのアドレスを入力するか、参照 をクリックしてリストから IP アドレスを選択します。
  6. このインストールで使用する vCenter Server インスタンスのアドレスを入力します。

    vCenter Server のインストール時に使用したアドレス形式と同じものを使用する必要があります。

    たとえば、インストール中に完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使用した場合、その FQDN を使用する必要があります。IP アドレスを使用した場合は、その IP アドレスを使用する必要があります。

  7. 管理者 E メール アドレスを入力します。
  8. サービスを保存して再開 をクリックして変更内容を適用します。

タスクの結果

vSphere Replication アプライアンスの全般設定を再構成しました。