仮想マシンをパワーオンすると、まだ予約されていない CPU リソースとメモリ リソースの量をシステムが確認します。システムは、未予約の使用可能なリソースに基づいて、仮想マシンが構成されている予約を保証できるかどうかを判定します (予約がある場合)。このプロセスをアドミッション コントロールと呼びます。

未予約の CPU とメモリが十分に使用可能な場合、または予約がない場合、仮想マシンはパワーオンされます。それ以外の場合は、リソース不足です という警告が表示されます。

注:

ユーザー指定のメモリ予約のほかに、仮想マシンごとにオーバーヘッド メモリがあります。この余分なメモリ コミットは、アドミッション コントロールの計算に含まれます。

vSphere DPM 機能が有効になっている場合、電力の消費を減らすために、ホストがスタンバイ モード (パワーオフ状態) になることがあります。これらのホストが提供する未予約のリソースは、アドミッション コントロールに使用できると見なされます。これらのリソースがないと仮想マシンをパワーオンできない場合、十分なスタンバイ ホストをパワーオンする推奨が作成されます。