ストレージ I/O コントロールには、要件と制限事項がいくつかあります。

  • ストレージ I/O コントロールが有効になっているデータストアは、単一の vCenter Server システムで管理される必要があります。

  • ストレージ I/O コントロールは、ファイバ チャネルに接続されたストレージ、iSCSI に接続されたストレージ、および NFS に接続されたストレージでサポートされます。Raw デバイス マッピング (RDM) はサポートされていません。

  • ストレージ I/O コントロールは、複数のエクステントを持つデータストアはサポートしません。

  • ストレージの自動階層化機能を持つアレイにバッキングされているデータストアでストレージ I/O コントロールを使用する前に、『VMware ストレージ/SAN 互換性ガイド』 を参照して、自動的に階層化されたストレージ アレイがストレージ I/O コントロールと互換性があると確認されているかどうかを調べてください。

    ストレージの自動階層化機能とは、ユーザーが設定したポリシーおよび現在の I/O パターンに基づいて、LUN/ボリューム、または LUN/ボリュームの一部を別のタイプのストレージ メディア (SSD、FC、SAS、SATA) に移行する、アレイ (またはアレイ グループ) の機能です。これらの自動的な移行/階層化機能を持たないアレイについては、特別な証明は不要です。これには、異なるタイプのストレージ メディア間で手動でデータを移行する機能を提供するアレイも含まれます。