メモリ リソースの仮想化には、関連するいくつかのオーバーヘッドがあります。

ESXi 仮想マシンは、2 種類のメモリ オーバーヘッドを被ることがあります。

  • 仮想マシン内のメモリにアクセスするための追加の時間。

  • ESXi ホストが自身のコードとデータ構造のために必要とする、各仮想マシンに割り当てられたメモリを超える余分のスペース。

ESXi のメモリ仮想化では、メモリ アクセスへの時間のオーバーヘッドはほとんど追加されません。プロセッサのページング ハードウェアがページ テーブル (ソフトウェア ベースのアプローチ用のシャドウ ページ テーブルまたはハードウェア アシストによるアプローチ用のネストしたページ テーブル) を直接使用するので、仮想マシン内のほとんどのメモリ アクセスは、アドレス変換のオーバーヘッドをせずに実行できます。

メモリ スペース オーバーヘッドには、2 つの構成要素があります。

  • VMkernel が必要とする、システム全体の固定されたオーバーヘッド。

  • 各仮想マシンの追加のオーバーヘッド

オーバーヘッド メモリには、仮想マシンのフレーム バッファと、シャドウ ページ テーブルなどの各種の仮想化データ構造のために予約されたスペースが含まれます。オーバーヘッド メモリは、仮想 CPU の数とゲスト OS 用に構成されたメモリに依存します。

ESXi は、メモリ共有などの最適化も提供して、基盤となるサーバ上で使用される物理メモリの量を減らします。これらの最適化により、オーバーヘッドによって占められるよりも多くのメモリを節約できます。