vSphere 5.5 の DRS は、仮想フラッシュ予約を持つ仮想マシンを管理できます。

仮想フラッシュ容量は、ホストから vSphere Web Client に定期的に報告される統計情報として表されます。DRS が実行されるたびに、報告された最新の容量値が使用されます。

ホストあたり 1 つの仮想フラッシュ リソースを構成できます。そのため、仮想マシンがパワーオンになっている間、DRS は特定のホスト上のさまざまな仮想フラッシュ リソースの中から選択する必要がありません。

DRS は、仮想マシンの起動に十分な仮想フラッシュ容量のあるホストを選択します。DRS が仮想マシンの仮想フラッシュ予約を満たせない場合、パワーオンにすることはできません。DRS は、仮想フラッシュ予約のあるパワーオン状態の仮想マシンを、その現在のホストとソフト アフィニティがあるものとして扱います。DRS では vMotion にそのような仮想マシンを使用することは推奨されません。ただし、ホストをメンテナンス モードにしたり、過剰に使用されているホストの負荷を減らしたりするなどの強制的な理由がある場合はこの限りではありません。