メモリの増設など、ホストの保守作業を行う必要がある場合は、ホストをメンテナンス モードにします。 ホストは、ユーザーの要求があった場合のみ、メンテナンス モードを開始または終了します。

このタスクについて

メンテナンス モードに切り替えるホストで実行中の仮想マシンは、別のホストに (手動で、または DRS によって自動的に) 移行するか、シャットダウンする必要があります。 ホストは、稼働中のすべての仮想マシンがパワーオフされるか別のホストへ移行されるまで、メンテナンス モードに切り替えています と表示された状態になります。 メンテナンス モードのホストで仮想マシンをパワーオンしたり、そのホストに仮想マシンを移行したりすることはできません。

ホスト上に実行中の仮想マシンがなくなると、ホストのアイコンが変化して メンテナンス中 が組み込まれ、ホストのサマリ パネルに新しい状態が表示されます。 メンテナンス モードの間は、そのホストでは、仮想マシンをデプロイしたり、パワーオンしたりすることはできません。

注:

DRS は、要求されたモードにホストが切り替わると vSphere HA のフェイルオーバー レベルに違反することになる場合、メンテナンス モードまたはスタンバイ モードに切り替わるホストから仮想マシンが移行することを推奨 (完全自動モードの場合は実行) しません。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、ホストを参照して移動します。
  2. ホストを右クリックして メンテナンス モードへの切り替え を選択します。
    • ホストが、一部自動化されているか手動の DRS クラスタの一部の場合、ホストで実行中の仮想マシン用移行推奨リストが表示されます。

    • ホストが、自動化された DRS クラスタの一部になっている場合、メンテナンス モードに切り替わると、仮想マシンは別のホストに移行します。

  3. 該当する場合は、[はい] をクリックします。

タスクの結果

メンテナンス モードの終了を選択するまで、ホストはメンテナンス モードです。