NUMA ノード アフィニティを指定するために NUMA ノードを仮想マシンに関連付けた場合、NUMA が仮想マシンの仮想 CPU およびメモリのスケジュールを設定できる NUMA ノードを特定のノード セットに制限することができます。

このタスクについて

注:

NUMA ノードのアフィニティを制限すると、NUMA ノード全体の仮想マシンのバランスが公平になるように再調整するための ESXi NUMA スケジューラの機能に影響を与えることがあります。 NUMA ノードのアフィニティを指定する前には必ず、再バランスの問題を検討してください。

手順

  1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、クラスタを参照して移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [仮想マシン オプション] の [編集] をクリックします。
  4. [仮想マシン オプション] タブをクリックし、[詳細] を展開します。
  5. [構成パラメータ] の [構成の編集] をクリックします。
  6. 行の追加 をクリックし、新しいオプションを追加します。
  7. 名前の列に、「numa.nodeAffinity」 と入力します。
  8. 値の列に、仮想マシンをスケジュール設定できる NUMA ノードを入力します。

    複数のノードを指定するには、コンマで区切ったリスト形式を使用します。 たとえば、仮想マシンのリソース スケジュール設定を NUMA ノード 0 および 1 に制限するには、「0,1」 と入力します。

  9. OK をクリックします。
  10. [OK] をクリックして、[仮想マシンの編集] ダイアログ ボックスを閉じます。