仮想マシンごとのスワップ ファイルで、予約されていない仮想マシン メモリ (これは予約されたメモリ サイズと構成済みメモリ サイズの差です) に対して、スワップ スペースを予約する必要があります。

このスワップ予約は、どのような状況下でも ESXi ホストが仮想マシン メモリを維持できるようにするのに必要です。実際には、ホスト レベルのスワップ スペースのごく一部分だけが使用されます。

バルーニングによって生じるゲスト内スワップをサポートするために、ESXi でメモリをオーバーコミットする場合は、必ず、ゲスト OS にも十分なスワップ スペースが存在することを確認してください。このゲスト レベルのスワップ スペースは、仮想マシンの構成済みメモリ サイズと仮想マシンの 予約 の差以上である必要があります。

注意:

メモリがオーバーコミットされ、ゲスト OS に構成されたスワップ スペースが不十分な場合、仮想マシン内のゲスト OS は起動に失敗します。

仮想マシンの障害を防ぐには、仮想マシン内のスワップ スペースのサイズを拡大します。

  • Windows ゲスト OS: Windows オペレーティング システムでは、スワップ スペースをページング ファイルと呼びます。一部の Windows オペレーティング システムは、十分な空きディスク領域がある場合、ページング ファイルのサイズを自動的に拡大しようとします。

    Microsoft Windows のドキュメントを参照するか、Windows のヘルプ ファイルで 「ページング ファイル」 を検索します。仮想メモリ ページング ファイルのサイズを変更する手順に従ってください。

  • Linux ゲスト OS: Linux オペレーティング システムでは、スワップ スペースをスワップ ファイルと呼びます。スワップ ファイルの拡大については、次の Linux の man ページを参照してください。

    • mkswap: Linux スワップ領域を設定します。

    • swapon: ページングとスワップのためのデバイスとファイルを有効にします。

メモリが大量にあり、仮想ディスクが小さいゲスト OS (たとえば、8GB の RAM と 2GB の仮想ディスクを持つ仮想マシン) は、スワップ スペースが不十分な場合の影響を受けやすくなります。

注:

スワップ ファイルは、シン プロビジョニングされた LUN 上に保存しないでください。シン プロビジョニングされた LUN 上に保存されたスワップ ファイルを使用する仮想マシンを実行した場合、スワップ ファイルの増大にエラーが起きる可能性があり、仮想マシンが終了する恐れがあります。

大きなスワップ ファイルを作成する場合 (100GB を超える場合など)、仮想マシンのパワーオンに要する時間が大幅に長くなる可能性があります。これを回避するには、大規模な仮想マシン用に予約を増やして設定します。

また、ホストのローカルのスワップ ファイルを使用することで、コストの低いストレージにスワップ ファイルを配置することもできます。