Storage I/O Control を有効にすると、ESXi はデータストアの待ち時間を監視し、平均待ち時間がしきい値を超えると、I/O 負荷を調整します。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストアを参照して移動します。
  2. 管理 タブをクリックします。
  3. [設定] をクリックし、[全般] をクリックします。
  4. [データストア機能] の [編集] をクリックします。
  5. Storage I/O Control の有効化 チェック ボックスをオンにします。
  6. OK をクリックします。

タスクの結果

[データストア機能] の Storage I/O Control がデータストアで有効になります。