各仮想マシンは、構成されたサイズに基づいてメモリを消費し、加えて仮想化のためのオーバーヘッド メモリを消費します。

構成済みサイズは、仮想マシンの仮想化レイヤーで管理される構造です。これはゲスト OS に提供されるメモリの合計ですが、後述のリソース設定 (シェア、予約、制限) に依存し、仮想マシンに割り当てられる物理 RAM の量とは異なります。

たとえば、構成済みサイズが 1GB の仮想マシンについて考えます。ゲスト OS は起動するときに、物理メモリが 1GB の専用マシンで実行していると考えています。この仮想マシンに割り当てられる物理ホスト メモリの実際の容量は、ESXi ホストのメモリ リソース設定およびメモリの競合に依存します。場合によっては、仮想マシンに 1GB が完全に割り当てられます。別の場合には、より小さな割り当てを受けることがあります。実際の割り当てにかかわらず、ゲスト OS は、物理メモリが 1GB の専用マシンで実行している場合と同じ動作を続けます。

シェア

予約以外に指定可能な場合、ここで仮想マシンの相対的な優先順位を指定します。

予約

メモリがオーバーコミットされる場合でも、ホストが仮想マシン用に予約する物理メモリ容量の、保証された下限です。過大なページングがなく効率的に動作するのに十分なメモリを仮想マシンが確実に利用できるよう、予約のレベルを設定します。

仮想マシンは、予約分全体にアクセスしたあと、たとえアイドル状態になった場合でも、その量のメモリを保持することができ、そのメモリは解放されません。たとえば、一部のゲスト OS (Linux など) は、起動直後に構成済みメモリの全部にはアクセスできない場合があります。仮想マシンがその予約分全体にアクセスするまで、VMkernel はその予約の任意の未使用部分をほかの仮想マシンに割り当てることができます。しかし、ゲストのワークロードが増加し、ゲストの予約分全体が消費された場合、ゲストはそのメモリを保持できます。

制限

ホストが仮想マシンに割り当てることができる物理メモリ容量の上限です。仮想マシンのメモリ割り当ては、構成済みサイズでも暗黙的に制限されます。

オーバーヘッド メモリには、仮想マシンのフレーム バッファと各種の仮想化データ構造のために予約されたスペースが含まれます。