VMDK アフィニティ ルールは、特定の仮想マシンと関連付けられているデータストア クラスタ内のすべての仮想ディスクが、データストア クラスタ内の同じデータストアに置かれていることを示します。 このルールは個々のデータストア クラスタに適用されます。

このタスクについて

VMDK アフィニティ ルールは、データストア クラスタ内のすべての仮想マシンに対してデフォルトで有効になっています。 データストア クラスタまたは個々の仮想マシンに対するこのデフォルト設定をオーバーライドできます。

VMDK アフィニティ ルールの適用対象となる仮想マシンは、次のように動作します。

  • ストレージ DRS は、仮想マシンの仮想ディスクをルールに従って配置します。

  • ストレージ DRS は、データストアをメンテナンス モードにするなどの強制的な理由で移行する場合でも、ルールに従って vMotion を使用して仮想ディスクを移行します。

  • 仮想マシンの仮想ディスクがルールに違反している場合、ストレージ DRS は移行推奨を行ってエラーを修正します。推奨を行ってエラーを修正できない場合は、その違反をエラーとして報告します。

ストレージ DRS 対応のデータストア クラスタにデータストアを追加すると、そのデータストア上に仮想ディスクを持つすべての仮想マシンで、他のデータストアにも仮想ディスクがある場合は、VMDK アフィニティ ルールが無効にされます。

手順

  1. vSphere Web Client ナビゲータで、データストア クラスタを参照して移動します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [構成] の [仮想マシンのオーバーライド] を選択します。
  4. [Add] をクリックします。
  5. [+] ボタンを使用して、仮想マシンを選択します。
  6. [VMDK の包括] ドロップダウン メンテナンスをクリックし、[いいえ] を選択します。
  7. OK をクリックします。