多くの ESXi ワークロードでは、複数の仮想マシン間で (単一の仮想マシン内でも) メモリを共有する機会があります。

たとえば、いくつかの仮想マシンが、同じゲスト OS のインスタンスを実行していたり、同じアプリケーションまたはコンポーネントを読み込んでいたり、共通のデータを含んでいたりすることがあります。このような場合、ホストは、専用の透過なページ共有技法を使用してメモリ ページの冗長コピーを安全に削除します。メモリの共有により、仮想マシンで実行しているワークロードが消費するメモリが、物理マシン上で実行する場合の消費量よりも少なくなることがよくあります。結果的に、より高いレベルのオーバーコミットを効率的にサポートできます。

Mem.ShareScanTimeMem.ShareScanGHz の詳細設定を使用すると、メモリ共有の機会を特定するためにシステムがメモリをスキャンする速度を制御できます。

sched.mem.pshare.enable オプション (デフォルトは TRUE) を FALSE に設定することで、個々の仮想マシンの共有を無効にすることもできます。vSphere Web Client での仮想マシンの詳細属性の設定 を参照してください。

ESXi のメモリ共有は、時間の経過とともに共有の機会をスキャンするバックグラウンド動作として実行されます。節約されるメモリの量は、時間とともに変動します。ある程度一定のワークロードの場合、共有のすべての機会が利用されるまで、量は一般にゆっくりと増加します。

特定のワークロードについてのメモリ共有の有効性を判定するには、ワークロードを実行してみて、resxtop または esxtop を使用して実際の節約を観察します。その情報は、メモリ ページの対話モードの PSHARE フィールドにあります。