仮想マシンの間でメモリを共有する機会を提供するワークロードは、いくつもあります。

たとえば、いくつかの仮想マシンが、同じゲスト OS のインスタンスを実行していたり、同じアプリケーションまたはコンポーネントをロードしていたり、共通のデータを含んでいたりすることがあります。ESXi システムは、専用のページ共有技法を使用して、メモリ ページの冗長コピーを安全に削除します。

メモリの共有により、複数の仮想マシンからなるワークロードが消費するメモリが、物理マシン上で実行する場合の消費量よりも少なくなることがよくあります。結果的に、システムは、より高いレベルのオーバーコミットを効率的にサポートできます。

メモリの共有によって節約されるメモリの量は、ワークロードの特性に依存します。ほとんど同一な多数の仮想マシンのワークロードでは、30 パーセントを超えるメモリが解放される場合がある一方、より多様なワークロードでは、メモリの 5 パーセント未満しか節約されないことがあります。