vSphere 認証プロキシを使用して ESXi をドメインに接続する前に、vSphere 認証プロキシ サーバを ESXi に対して認証する必要があります。ドメインと vSphere 認証プロキシ サーバの接続にホスト プロファイルを使用する場合は、サーバの認証は不要です。ホスト プロファイルは、プロキシ サーバを ESXi に対して認証します。

ESXi を vSphere 認証プロキシを使用するように認証するには、vSphere 認証プロキシ システムからサーバ証明書をエクスポートして、ESXi にインポートします。サーバを認証する必要があるのは 1 回だけです。

注:

デフォルトでは、ESXi が vSphere 認証プロキシ サーバを使用してドメインに参加するときに、vSphere 認証プロキシ サーバを認証する必要があります。この認証機能は常に有効になっています。認証を無効にする必要がある場合は、[詳細設定] ダイアログ ボックスを使用して、UserVars.ActiveDirectoryVerifyCAMCertifcate 属性を 0 に設定します。