ESXi Shell(以前の Tech Support Mode、TSM)は、ESXi ではデフォルトで無効になっています。このシェルへのローカル アクセスおよびリモート アクセスは、必要に応じて有効にすることができます。

ESXi Shell は、トラブルシューティングの場合にのみ有効にしてください。ESXi Shell は、ホストがロックダウン モードで稼働しているかどうかに関係なく、有効または無効にできます。

ESXi Shell

ローカルで ESXi Shell にアクセスする場合は、このサービスを有効にします。

SSH

SSH を使用してリモートから ESXi Shell にアクセスする場合は、このサービスを有効にします。

ダイレクト コンソール UI (DCUI)

ロックダウン モードで稼働しているときにこのサービスを有効にすると、root ユーザーでダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスにローカルでログインし、ロックダウン モードを無効にできます。その後、vSphere Client への直接接続を使用して、または ESXi Shell を有効化することにより、ホストにアクセスできます。

root ユーザーおよび管理者ロールを持つユーザーは、ESXi Shell にアクセスできます。Active Directory グループ ESX Admins 内のユーザーには、管理者ロールが自動的に割り当てられます。デフォルトでは、ESXi Shell を使用してシステム コマンド(vmware -v など)を実行できるのはルート ユーザーだけです。

注:

ESXi Shell は必要になるまで有効にしないでください。