vCenter Certificate Automation ツールは vCenter の主要なコンポーネントが配置されている各マシンにインストールできます。初期計画を実行するには、ツールを単一のマシンにインストールします。

始める前に

  • 要件をすべて満たしていることを確認します。環境の準備 を参照してください。

  • ツールをインストールする前に vSphere コンポーネントが配置されている各マシンの証明書を取得するか、証明書署名要求 (CSR) を生成するツールを使用して認証局から証明書を取得します。証明書要求の生成と CA 署名付き証明書の設定 を参照してください。

このタスクについて

証明書の更新が計画されているサービスが実行されている各物理または仮想マシンにツールをインストールします。ツールはいくつかの構成でインストールできます。Certificate Automation ツールのデプロイ オプション を参照してください。

注:

vSphere の異なるバージョンでツールの様々なバージョンがサポートされています。

  • ツールのバージョン 1.0 は vSphere 5.1 でサポートされています。

  • ツールのバージョン 1.0.1 は vSphere 5.1 Update 1 でサポートされています。

  • ツールのバージョン 5.5 は vSphere 5.5 でサポートされています。

手順

  1. vCenter Certificate Automation ツールをダウンロードします。

    VMware vSphere のダウンロード ページの [ドライバとツール] セクションからダウンロードできます。

  2. 初期計画の場合、ダウンロードした ZIP ファイルをマシンにコピーして [更新計画] リストを生成します。
  3. デプロイによっては、vCenter の主要なコンポーネントが配置されている各マシンに ZIP ファイルをコピーします。
  4. ディレクトリ構造を保ったまま、ファイルを任意のディレクトリに解凍します。

次のタスク

事前に優先するデフォルトの値を定義するには、vCenter Certificate Automation ツールのデフォルト値の事前定義 を参照するか、ツール実行時にプロンプトに応答します。

新しいバージョンのツールが使用可能になった場合は、そのバージョンのツールを別のディレクトリにダウンロードおよび解凍し、古いバージョンのツールを削除します。