vApp 権限は、vApp のデプロイと構成関連の操作を制御します。

この表では、vApp に関する権限について説明します。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. vApp 権限

権限名

説明

必要とするオブジェクト

vApp > 仮想マシンの追加

vApp に仮想マシンを追加できます。

vApp

vApp > リソース プールの割り当て

リソース プールを vApp に割り当てることができます。

vApp

vApp > vApp の割り当て

vApp を別の vApp に割り当てることができます。

vApp

vApp > クローン作成

vApp のクローンを作成できます。

vApp

vApp > 作成

vApp の作成ができます。

vApp

vApp > 削除

vApp の削除ができます。

この操作の実行を許可されるためには、オブジェクトとその親オブジェクトの両方に対してこの権限が割り当てられている必要があります。

vApp

vApp > エクスポート

vSphere から vApp をエクスポートできます。

vApp

vApp > インポート

vSphere に vApp をインポートできます。

vApp

vApp > 移動

vApp をインベントリの新しい場所に移動できます。

vApp

vApp > パワーオフ

vApp をパワーオフにできます。

vApp

vApp > パワーオン

vApp をパワーオンにできます。

vApp

vApp > 名前の変更

vApp の名前を変更できます。

vApp

vApp > サスペンド

vApp のサスペンドができます。

vApp

vApp > 登録解除

vApp の登録解除ができます。

この操作の実行を許可されるためには、オブジェクトとその親オブジェクトの両方に対してこの権限が割り当てられている必要があります。

vApp

vApp > OVF 環境の表示

vApp 内でパワーオンされている仮想マシンの OVF 環境を表示できます。

vApp

vApp > vApp アプリケーションの構成

製品情報やプロパティなど、vApp の内部構造を変更できます。

vApp

vApp > vApp インスタンスの構成

ポリシーなど、vApp のインスタンス構成を変更できます。

vApp

vApp > vApp managedBy 構成

エクステンションまたはソリューションが、そのエクステンションまたはソリューションが管理するものとして vApp にマークを付けられるようにします。

この権限に関連する vSphere Web Client のユーザー インターフェイス要素はありません。

vApp

vApp > vApp リソースの構成

vApp のリソース構成を変更できます。

この操作の実行を許可されるためには、オブジェクトとその親オブジェクトの両方に対してこの権限が割り当てられている必要があります。

vApp