ローカル ドメイン(デフォルトで vsphere.local)のユーザーは、Web インターフェイスから vCenter Single Sign-On の自分のパスワードを変更することができます。他のドメインのユーザーはそのドメイン ルールに従ってパスワードを変更します。

このタスクについて

パスワードの有効期限は、vCenter Single Sign-On 構成インターフェイスで定義されるパスワード ポリシーによって決まります。デフォルトでは、vCenter Single Sign-On パスワードは 90 日で有効期限が切れますが、組織のポリシーに応じてシステム管理者がデフォルトの有効期限を変更することがあります。パスワードの有効期限が切れそうになると、vSphere Web Client が通知します。古いパスワードを知っている場合には、パスワードをリセットできます。

注:

パスワードは有効期限内の場合にのみ変更できます。

パスワードの有効期限が切れた場合、ローカル ドメイン(デフォルトで administrator@vsphere.local)の管理者は dir-cli password reset コマンドを使用してパスワードをリセットすることができます。vCenter Single Sign-On ドメインの管理者グループのメンバーのみが、パスワードをリセットすることができます。

手順

  1. Web ブラウザから vSphere Web Client または Platform Services Controller に接続します。

    オプション

    説明

    vSphere Web Client

    https://vc_hostname_or_IP/vsphere-client

    Platform Services Controller

    https://psc_hostname_or_IP/psc

    組み込みデプロイでは、Platform Services Controller のホスト名または IP アドレスは vCenter Server のホスト名または IP アドレスと同じです。

  2. administrator@vsphere.local または vCenter Single Sign-On 管理者グループの別のメンバーのユーザー名とパスワードを指定します。

    インストール時に異なるドメインを指定した場合は、administrator@mydomain としてログインします。

  3. 上部のナビゲーション ペインのヘルプ メニューの左側で、ユーザー名をクリックし、プルダウン メニューを表示します。

    または、Single Sign-On > ユーザーおよびグループ の順に選択して、右ボタンのメニューから ユーザーの編集 を選択できます。

  4. パスワードの変更 を選択し、現在のパスワードを入力します。
  5. 新しいパスワードを入力して確定します。

    パスワードはパスワード ポリシーに従っている必要があります。

  6. OK をクリックします。