仮想マシンのプロビジョニングの権限は、仮想マシンのデプロイおよびカスタマイズに関するアクティビティを制御します。

この表では、仮想マシンのプロビジョニングに必要な権限について説明します。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. 仮想マシンのプロビジョニングの権限

権限名

説明

必要とするオブジェクト

仮想マシン > プロビジョニング > ディスク アクセスの許可

読み取りおよび書き込みのランダム アクセス用に仮想マシン上のディスクを開けるようにします。多くの場合、リモート ディスクのマウントに使用します。

仮想マシン

仮想マシン > プロビジョニング > 読み取り専用ディスク アクセスの許可

読み取りのランダム アクセス用に仮想マシン上のディスクを開けるようにします。多くの場合、リモート ディスクのマウントに使用します。

仮想マシン

仮想マシン > プロビジョニング > 仮想マシンのダウンロードの許可

仮想マシンに関連するファイル (vmx、ディスク、ログ、nvram など)の操作 を読み取れるようにします。

ルート ホストまたは vCenter Server

仮想マシン > プロビジョニング > 仮想マシン ファイルのアップロードの許可

仮想マシンに関連するファイル (vmx、ディスク、ログ、nvram など) への書き込み操作を可能にします。

ルート ホストまたは vCenter Server

仮想マシン > プロビジョニング > テンプレートのクローン作成

テンプレートのクローンを作成できるようにします。

テンプレート

仮想マシン > プロビジョニング > 仮想マシンのクローン作成

既存の仮想マシンのクローン作成と、リソースの割り当てを行えるようにします。

仮想マシン

仮想マシン > プロビジョニング > 仮想マシンからのテンプレートの作成

仮想マシンから新規テンプレートを作成できるようにします。

仮想マシン

仮想マシン > プロビジョニング > カスタマイズ

仮想マシンを移動せずに仮想マシンのゲスト OS をカスタマイズできるようにします。

仮想マシン

仮想マシン > プロビジョニング > テンプレートのデプロイ

テンプレートから仮想マシンをデプロイできるようにします。

テンプレート

仮想マシン > プロビジョニング > テンプレートとしてマークを付ける

既存のパワーオフ状態の仮想マシンをテンプレートとしてマーキングできるようにします。

仮想マシン

仮想マシン > プロビジョニング > 仮想マシンとしてマークを付ける

既存のテンプレートを仮想マシンとしてマーキングできるようにします。

テンプレート

仮想マシン > プロビジョニング > カスタマイズ仕様の変更

カスタマイズ仕様を作成、変更、削除できるようにします。

ルート vCenter Server

仮想マシン > プロビジョニング > ディスクの昇格

仮想マシンのディスクを昇格できるようにします。

仮想マシン

仮想マシン > プロビジョニング > カスタマイズ仕様の読み取り

カスタマイズ仕様を読み取れるようにします。

仮想マシン