仮想マシンにゲスト OS およびアプリケーションを手動でインストールする場合、誤って構成する可能性があります。テンプレートを使用して、アプリケーションをインストールしていない堅牢な基本オペレーティング システム イメージをキャプチャすることで、既知のベース ライン レベルのセキュリティですべての仮想マシンを作成できます。

このタスクについて

堅牢でパッチ適用済みの適切に構成された OS を含むテンプレートを使用してアプリケーション固有の他のテンプレートを作成したり、アプリケーション テンプレートを使用して仮想マシンをデプロイすることができます。

手順

堅牢でパッチ処理済みの適切に構成されたオペレーティング システム デプロイを含む、仮想マシン作成用のテンプレートを指定します。

可能な場合は、テンプレートでアプリケーションもデプロイします。デプロイされる仮想マシンに固有の情報にアプリケーションが依存していないことを確認します。

次のタスク

テンプレートの更新を容易にするため、テンプレートを仮想マシンに変換し、vSphere Web Client でテンプレートに戻すことができます。テンプレートに関する詳細は、『vSphere 仮想マシン管理』ドキュメントを参照してください。

vSphere Update Manager を使用して、OS に、またはテンプレート内の特定のアプリケーションに自動的にパッチを適用することができます。『vSphere Update Manager』ドキュメントを参照してください。