vCenter Single Sign-On は認証をサポートします。すなわち、ユーザーが vSphere コンポーネントにアクセスできるかどうかを全面的に決定します。さらに、各ユーザーは vSphere オブジェクトを表示または操作する際にも認証が必要です。

vCenter Server では、権限とロールを使用したきめ細かい認証が可能です。権限の階層的な継承、権限の検証、および関連するトピックについての背景を始めに確認します。そのあとで、 vCenter Server ユーザー管理タスク (vCenter ユーザー管理タスク) に移動します。