VMware 仮想マシンは、vSphere システムおよびホストされている仮想化プラットフォーム (Workstation や Fusion など) の両方で使用できるように設計されています。 vSphere システムで仮想マシンを実行する場合、特定の VMX パラメータは有効である必要はありません。 これらのパラメータを無効にし、脆弱性を引き起こす可能性を軽減します。

始める前に

仮想マシンがパワーオフされている。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで仮想マシンを検索します。
    1. 仮想マシンを探すには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択します。
    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想マシン オプション を選択します。
  4. 詳細 をクリックして、構成の編集... をクリックします。
  5. 以下のパラメータを追加または編集します。

    名前

    isolation.tools.unity.push.update.disable

    TRUE

    isolation.tools.ghi.launchmenu.change

    TRUE

    isolation.tools.memSchedFakeSampleStats.disable

    TRUE

    isolation.tools.getCreds.disable

    TRUE

    isolation.tools.ghi.autologon.disable

    TRUE

    isolation.bios.bbs.disable

    TRUE

    isolation.tools.hgfsServerSet.disable

    TRUE

  6. OK をクリックします。

タスクの結果

isolation.tools.hgfsServerSet.disable を true に設定すると、ホストでのゲストの HGFS サーバの登録が無効になります。 ゲスト OS とのファイルの転送に HGFS を使用する API (いくつかの VIX コマンドや VMware Tools 自動アップグレード ユーティリティなど) は機能しません。