ロックダウン モードのホストにログインできるユーザーを指定します。DCUI アクセス ユーザーはホストの完全な管理者権限を必要としません。DCUI アクセス権限の付与は vSphere Web Client の [詳細設定] で行います。

このタスクについて

vSphere 5.1 より前の vSphere バージョンでは、ロックダウン モードのホスト上にある DCUI にルート ユーザーがログインできました。vSphere 5.1 では、ホストがロックダウン モードのときに DCUI へのログインを許可する ESXi のローカル ユーザーを指定できます。これらの特殊ユーザーはホストの完全な管理者権限を必要としません。匿名のルート ユーザー以外のユーザーを指定することによって、ホストがロックダウン モードにあるときにどのユーザーが操作を実行したのかを記録できます。

重要:

DCUI を使用してロックダウン モードを無効にする場合は、DCUI アクセス権限を持つすべてのユーザーにホストの管理者ロールが付与されます。

手順

  1. vSphere Web Client オブジェクト ナビゲータで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 を選択します。
  3. システムの詳細設定 をクリックし、DCUI アクセス の設定を選択します。
  4. 編集 をクリックしてユーザー名をコンマ区切りで入力します。

    デフォルトでは、ルート ユーザーが指定されています。1 つ以上のユーザーを他に指定すれば、DCUI アクセス ユーザーのリストからルートを削除できます。

  5. OK をクリックします。