仮想マシン ゲストの操作の権限は、仮想マシンのゲスト OS 内部でのファイルおよびプログラムを操作する機能を制御します。

この表では、VMware vSphere API を介してアクセスされる仮想マシンゲストの操作に必要な権限について説明します。これらの操作の詳細については、『VMware vSphere API リファレンス』 ドキュメントを参照してください。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. 仮想マシン ゲストの操作

権限名

説明

適用されるオブジェクト

仮想マシン > ゲスト操作 > ゲスト操作の変更

仮想マシンへのファイルの転送など、仮想マシン内のゲスト OS への変更を伴う仮想マシンゲストの操作を可能にします。

この権限に関連する vSphere Web Client のユーザー インターフェイス要素はありません。

仮想マシン

仮想マシン > ゲスト操作 > ゲスト操作のプログラム実行

仮想マシン内てのプログラムの実行を伴う仮想マシン ゲストの操作を可能にします。

この権限に関連する vSphere Web Client のユーザー インターフェイス要素はありません。

仮想マシン

仮想マシン > ゲスト操作 > ゲスト操作のクエリ

ゲスト OS 内でのファイルの一覧表示など、ゲスト OS への照会を伴う仮想マシン ゲストの操作を可能にします。

この権限に関連する vSphere Web Client のユーザー インターフェイス要素はありません。

仮想マシン