ESXi に対し、vSphere 認証プロキシ サーバを認証するには、プロキシ サーバ証明書を ESXi にアップロードします。

始める前に

vSphere Authentication Proxy サービスのインストールの説明に従って、vSphere Authentication Proxy サービスをホストにインストールします。

vSphere 認証プロキシ サーバ証明書を vSphere Authentication Proxy 証明書のエクスポート の説明に従ってエクスポートします。

このタスクについて

vSphere Web Client ユーザー インターフェイスを使用して、vSphere 認証プロキシ サーバ証明書を ESXi をアップロードします。

手順

  1. 認証プロキシ サーバの証明書を、ホストにアクセスできる一時的な保管場所にアップロードします。
    1. vSphere Web Client で、ホストにアクセスできるデータストアを参照し、管理 タブをクリックします。
    2. ファイル をクリックして ファイルのアップロード をクリックします。
  2. 証明書を参照し、開く を選択します。

    データストアからファイルをアップロードまたはダウンロードするには、vSphere Web Client を使用するシステムにクライアント統合プラグインがインストールされている必要があります。

  3. ホストを参照して 管理 タブをクリックします。
  4. 構成 タブを選択し、認証サービス をクリックします。
  5. 証明書のインポート をクリックします。
  6. ホスト上の認証プロキシ サーバ証明書ファイルへのフル パスと、認証プロキシ サーバの IP アドレスを入力します。

    [データストア名] ファイル パス の形式を使用して、プロキシ サーバへのパスを入力します。

  7. インポート をクリックします。

次のタスク

ユーザーの認証に vSphere 認証プロキシ サーバを使用するようにホストを設定します。