ESXi および vCenter Server コンポーネントは、SSL 経由で安全に通信し、機密性、データの整合性、および認証を保証します。データは非公開になり、保護されるため、通信時にデータが気づかれずに変更されることはありません。

デフォルトでは、vSphere サービスは、インストール プロセスの一部として作成され各システムに格納される証明書を使用します。これらの証明書は一意であり、ソフトウェアの使用を開始できますが、信頼できる認証局 (CA) によって署名されているものではありません。

証明書の検証のすべての機能を利用するには (特に、インターネットで SSL 接続を使用する場合)、有効な内部認証局によって署名されている新しい証明書をインストールするか、信頼できるセキュリティ機関から証明書を購入します。