ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス (DCUI) を使用すると、テキストベースのメニューを使用して、ローカルでホストとの対話を行うことができます。お使いの環境のセキュリティ要件の下で、ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスの有効化がサポートされるかどうか、慎重に評価します。

このタスクについて

ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスを使用して、ESXi Shell へのローカル アクセスおよびリモート アクセスを有効にできます。

注:

ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイス、vSphere Web Client、ESXCLI、またはその他の管理ツールを使用してホストに加えられた変更は、1 時間ごと、または適切にシャットダウンされたときに、永続的なストレージにコミットされます。コミットされる前にホストに障害が発生すると、変更内容は失われる場合があります。

手順

  1. ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスで、F2 を押してシステムのカスタマイズ メニューにアクセスします。
  2. トラブルシューティング オプション を選択し、Enter を押します。
  3. [トラブルシューティング モード オプション] メニューから、有効にするサービスを選択します。
    • ESXi Shell の有効化

    • SSH の有効化

  4. Enter を押してサービスを有効にします。
  5. ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスのメイン メニューに戻るまで、Esc を押します。

次のタスク

ESXi Shell の可用性とアイドル タイムアウトを設定します。ダイレクト コンソール ユーザー インターフェイスでの ESXi Shell 可用性のタイムアウトの作成 およびアイドル ESXi Shell セッションのタイムアウトの作成 を参照してください。