ホストのローカル操作権限は、vSphere Client がホストに直接接続されているときに実行する操作を制御します。

この表では、vSphere Client が単一のホストに直接接続されているときに実行する操作に必要な権限について説明します。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. ホストのローカル操作権限

権限名

説明

必要とするオブジェクト

ホスト > ローカル操作 > vCenter へのホストの追加

vpxa や aam などの vCenter エージェントのホストへのインストールおよびホストからの削除を許可します。

ルート ホスト

ホスト > ローカル操作 > 仮想マシンの作成

ホストに登録せずにディスク上で最初から新規仮想マシンを作成することを許可します。

ルート ホスト

ホスト > ローカル操作 > 仮想マシンの削除

ディスクで仮想マシンを削除できるようにします。登録および未登録の仮想マシンでサポートされます。

ルート ホスト

ホスト > ローカル操作 > NVRAM コンテンツの抽出

ホストの NVRAM の内容の抽出を許可します。

ホスト > ローカル操作権限 > ユーザー グループの管理

ホストでのローカル アカウントの管理を許可します。

ルート ホスト

ホスト > ローカル操作 > 仮想マシンの再構成

仮想マシンの再構成を許可します。

ルート ホスト

ホスト > ローカル操作 > スナップショットのレイアウト変更

仮想マシンのスナップショットのレイアウトに対する変更を許可します。

ルート ホスト