ユーザーがホストで ESXi Shell を有効にしていてセッションからログアウトし忘れた場合、アイドル セッションは無期限に接続されたままになります。接続を開いたままにすると、誰かがホストに対するアクセス権を取得する潜在性が高くなります。アイドル セッションのタイムアウトを設定することによって、これを防止できます。

このタスクについて

アイドル タイムアウト設定は、ユーザーが対話形式のアイドル セッションからログアウトされるまでの許容経過時間を示します。ダイレクト コンソール インターフェイス(DCUI)から、または vSphere Web Client からのローカル セッションとリモート(SSH)セッションの両方について、時間の長さを制御できます。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで、ホストに移動して参照します。
  2. 管理 タブをクリックして、設定 をクリックします。
  3. [システム] の下で システムの詳細設定 を選択します。
  4. [UserVars.ESXiShellInteractiveTimeOut] を選択し、編集 アイコンをクリックして、タイムアウト設定を入力します。
  5. SSH サービスと ESXi Shell サービスを再起動して、タイムアウトを反映させます。

タスクの結果

セッションがアイドル状態の場合、タイムアウト期間が経過した後、ユーザーがログアウトされます。