vCenter Single Sign-On ユーザー アカウントが無効になっている場合、管理者がそのアカウントを有効にするまでそのユーザーは vCenter Single Sign-On サーバにログインできません。ユーザーは、vSphere Web Client インターフェイスから無効または有効にすることができます。

始める前に

vCenter Single Sign-On ユーザーを無効化および有効化するには、vCenter Single Sign-On 管理者グループのメンバーである必要があります。

このタスクについて

無効化されたユーザー アカウントは引き続き vCenter Single Sign-On システムで使用可能ですが、そのユーザーはログインできず、サーバでの操作を実行できません。管理者権限を持つユーザーは、[vCenter ユーザーおよびグループ] ページからユーザーを無効および有効にすることができます。

手順

  1. administrator@vsphere.local または vCenter Single Sign-On 管理者権限を持つ別のユーザーとして vSphere Web Client にログインします。

    vCenter Single Sign-On 管理者権限を持つユーザーは CAAdmins グループに属します。

  2. ホーム をクリックして、管理 > Single Sign-On > ユーザーおよびグループに移動します。
  3. ユーザーを選択し、無効化アイコンをクリックして、メッセージが表示されたらはいをクリックします。
  4. ユーザーを再び有効にするには、ユーザーを右クリックし、有効化を選択して、メッセージが表示されたらはいをクリックします。