vCenter Single Sign-On は認証ブローカで、セキュリティ トークン交換が可能です。ユーザーが vCenter Single Sign-On で認証されると、そのユーザーはアクセス権を付与されたインストールされているすべての vCenter サービスにアクセスできるようになります。すべての通信でトラフィックが暗号化され、認証されたユーザーのみがアクセスを許可されるため、環境の安全が確保されます。

他の vSphere コンポーネントをインストールまたはアップグレードする前に、vCenter Single Sign-On をインストールまたはアップグレードします。『vSphere のインストールとセットアップ』 または 『vSphere のアップグレード』のドキュメントを参照してください。

vCenter Single Sign-On を使用するサービスの証明書の置換については、vSphere セキュリティ証明書と暗号化 を参照してください。