vCenter Single Sign-On で Windows セッション認証 (SSPI) を使用できます。ログイン ページのチェックボックスを使用できるようにするには、クライアント統合プラグインをインストールする必要があります。

始める前に

Windows ドメインが適切に設定されている必要があります。

このタスクについて

SSPI を使用すると、現在マシンにログインしているユーザーのログインを迅速に行えるようになります。

手順

  1. vSphere Web Client ログイン ページに移動します。
  2. Windows セッション認証を使用してください チェック ボックスを使用できない場合は、ログイン ページの下部にある クライアント統合プラグインのダウンロード をクリックします。
  3. 証明書エラーの発生やポップアップ ブロッカーの実行によって、ブラウザでインストールがブロックされた場合は、ブラウザのヘルプの指示に従って、問題を解決してください。
  4. 他のブラウザを閉じるように要求された場合は閉じます。

    インストール後に、すべてのブラウザでプラグインが利用できるようになります。

  5. ブラウザを終了して再起動します。

    再起動後、Windows セッション認証を使用してください チェック ボックスを選択できます。