仮想マシンのユーザーとプロセスにより大量のログ ファイルが作成されて、サービス拒否状態になることを防止するために、仮想マシンのログ ファイル数を制限できます。各仮想マシンのログ ファイルのサイズを制限することはできません。

始める前に

仮想マシンがパワーオフされている。

このタスクについて

/etc/vmware/config ファイルを編集すると、すべての仮想マシンのログ ファイルの数を制限できます。vmx.log.KeepOld プロパティがファイルに定義されていない場合は、追加できます。たとえば、各仮想マシンに 10 個のログ ファイルを保存するには、次の式を /etc/vmware/config に追加します。

vmx.log.keepOld = "10"

1 台のホストの仮想マシンすべてにこのプロパティを変更する PowerCLI スクリプトを使用することもできます。

手順

  1. vSphere Web Client インベントリで仮想マシンを検索します。
    1. 仮想マシンを探すには、データセンター、フォルダ、クラスタ、リソース プール、またはホストを選択します。
    2. 関連オブジェクト タブで、仮想マシン をクリックします。
  2. 仮想マシンを右クリックし、設定の編集 をクリックします。
  3. 仮想マシン オプション を選択します。
  4. 詳細 をクリックして、構成の編集... をクリックします。
  5. 保持するファイル数を指定するには、vmx.log.keepOld パラメータを追加または編集します。たとえば、8 個のログ ファイルを保持して、新しいファイルの作成時に古いファイルの削除を開始するには、8 と入力します。
  6. OK をクリックします。