1 つの仮想マシンによるホスト リソースの消費量が多すぎるため、ホスト上のほかの仮想マシンが機能を実行できなくなる場合、サービス拒否 (DoS) が発生する可能性があります。仮想マシンが DoS を発生させることを防ぐため、共有や制限の設定などのホスト リソース管理機能を使用して、仮想マシンが消費するサーバ リソースを制御します。

このタスクについて

デフォルトでは、ホスト上のすべての仮想マシンがリソースを均等に共有します。

手順

共有または予約を使用して、重要な仮想マシンに対するリソースを保証します。

悪用されたり攻撃を受けるリスクが比較的高い仮想マシン、または多くのリソースを消費する可能性のあるアプリケーションを実行する仮想マシンによる、制約リソースの消費量を制限します。

次のタスク

共有と制限の詳細については、『vSphere リソース管理』 ドキュメントを参照してください。