SSH を使用して ESXi Shell にリモートからログインし、ホストのトラブルシューティング タスクを実行できます。

ESXi の SSH 構成は、より高度なセキュリティ レベルを提供できるよう拡張されています。

Version 1 SSH プロトコルの無効化

VMware では、Version 1 SSH プロトコルはサポートされておらず、Version 2 プロトコルだけが使用されます。Version 2 では、Version 1 での特定のセキュリティ問題が解消されており、管理インターフェイスとの安全な通信が提供されます。

暗号強度の向上

SSH は、接続に 256 ビットと 128 ビットの AES 暗号のみをサポートしています。

これらの設定は、SSH 経由で管理インターフェイスに転送されるデータの保護を目的としています。これらの設定は変更できません。