アラーム権限は、インベントリ オブジェクトのアラームの設定および応答の機能を制御します。

この表では、アラームの作成、変更、および応答に必要な権限について説明します。

この権限は、階層内の異なるレベルで設定できます。たとえば、フォルダ レベルで権限を設定した場合、その権限をフォルダ内の 1 つ以上のオブジェクトに伝達できます。[必要とするオブジェクト] 列に示されるオブジェクトには、直接または継承のいずれか方法で権限が設定されている必要があります。

表 1. アラーム権限

権限名

説明

必要とするオブジェクト

アラーム > アラームの確認

起動されたすべてのアラームのアラーム アクションをすべて停止できるようにします。

アラームが起動されているオブジェクト

アラーム > アラームの作成

新しいアラームを作成できるようにします。

アラームをカスタム アクションを指定して作成すると、アラーム作成時にアクションの実行に必要な権限が確認されます。

アラームが起動されているオブジェクト

アラーム > アラーム アクションの無効化

アラームの起動後に発生したアラーム アクションを停止できるようにします。アラームを無効にするわけではありません。

アラームが起動されているオブジェクト

アラーム > アラームの変更

アラームのプロパティを変更できるようにします。

アラームが起動されているオブジェクト

アラーム > アラームの削除

アラームを削除できるようにします。

アラームが起動されているオブジェクト

アラーム > アラーム ステータスの設定

構成されているイベント アラームのステータスを変更できるようにします。The status can change to Normal, Warning, or Alert.

アラームが起動されているオブジェクト