vmkfstools コマンドを使用して、指定した仮想ディスクまたは Raw ディスクのコピーを作成します。

root ユーザー以外のユーザーは、仮想ディスクまたは RDM のクローンを作成できません。元のファイル名またはファイル パスである oldName と、新しいファイル名またはファイル パスである newName を指定する必要があります。

 -i|--clonevirtualdisk oldName newName
      -d|--diskformat [thin|zeroedthick|eagerzeroedthick|rdm:device|rdmp:device]
      -W|--objecttype [file|vsan|vvol]
      --policyFile fileName
      -N|--avoidnativeclone

作成したコピーに対応するパラメータを変更するには、次のサブオプションを使用します。

  • -d|--diskformat は、ディスク フォーマットを指定します。

  • -W|--objecttype は、仮想ディスクが VMFS 上のファイルか NFS データストアか、または Virtual SAN 上のオブジェクトか Virtual Volumes データストアかを指定します。

  • --policyFile fileName はディスクの仮想マシン ストレージ ポリシーを指定します。

デフォルトでは、ESXi はネイティブの方法を使用してクローン作成操作を実行します。使用しているアレイでクローン作成テクノロジーがサポートされている場合は、操作をアレイにオフロードできます。ESXi のネイティブのクローン作成を回避するには、-N|--avoidnativeclone オプションを指定します。

仮想ディスクのクローン作成または変換例

この例では、templates リポジトリから、ファイル システム myVMFS にある myVMFS という名前の仮想ディスク ファイルに、マスタ仮想ディスクの内容のクローンを作成します。

vmkfstools -i /vmfs/volumes/myVMFS/templates/gold-master.vmdk /vmfs/volumes/myVMFS/myOS.vmdk

次の例のように、仮想マシンの構成ファイルに数行追加すると、この仮想ディスクを使用するように仮想マシンを構成できます。

scsi0:0.present = TRUE 
scsi0:0.fileName = /vmfs/volumes/myVMFS/myOS.vmdk

ディスクのフォーマットを変更する場合は、-d|--diskformat サブオプションを使用します。

このサブオプションは、ESXi と互換性のないフォーマット(2gbsparse フォーマットなど)で仮想ディスクをインポートする際に役立ちます。ディスクの変換後、ESXi に作成した新しい仮想マシンにこのディスクを接続できます。

例:

vmkfstools -i /vmfs/volumes/myVMFS/templates/gold-master.vmdk /vmfs/volumes/myVMFS/myOS.vmdk  -d thin