ESXi ホストは、ソフトウェア iSCSI アダプタまたは依存型ハードウェア iSCSI アダプタとネットワーク アダプタを使用して、iSCSI SAN から起動できます。

ESXi をデプロイし、iSCSI SAN から起動するには、iBFT (iSCSI Boot Firmware Table) 形式をサポートしている、iSCSI 起動対応のネットワーク アダプタがホストに必要です。iBFT は、iSCSI 起動デバイスに関するパラメータをオペレーティング システムに伝える方法です。

ESXi をインストールし、iSCSI SAN から起動する前に、ネットワーク アダプタでネットワークと iSCSI 起動パラメータを構成し、アダプタで iSCSI 起動を有効にします。ネットワーク アダプタの構成はベンダーによって異なるので、構成方法についてはベンダーのドキュメントを参照してください。

iSCSI からはじめて起動するとき、システム上の iSCSI 起動ファームウェアが iSCSI ターゲットに接続します。ログインに成功すると、ファームウェアはネットワークと iSCSI 起動のパラメータを iBFT に保存し、システムのメモリにそのテーブルを格納します。システムはこのテーブルを使用して、その iSCSI 接続とネットワークの構成、および起動を行います。

次のリストに、iBFT iSCSI 起動手順を示します。

  1. 再起動時に、システム BIOS がネットワーク アダプタで iSCSI 起動ファームウェアを検出します。

  2. iSCSI 起動ファームウェアが、事前構成済みの起動パラメータを使用して、指定された iSCSI ターゲットに接続します。

  3. iSCSI ターゲットへの接続に成功したら、iSCSI 起動ファームウェアがネットワークと iSCSI 起動パラメータを iBFT に書き込み、そのテーブルをシステム メモリに格納します。

    注:

    システムはこのテーブルを使用して、その iSCSI 接続とネットワークの構成、および起動を行います。

  4. BIOS が起動デバイスを起動します。

  5. VMkernel がロードを開始し、起動処理を引き継ぎます。

  6. iBFT の起動パラメータを使用して、VMkernel は iSCSI ターゲットに接続します。

  7. iSCSI 接続が確立されたら、システムが起動します。