ESXi はホスト レベルのストレージ仮想化を行います。これは、仮想マシンから物理ストレージレイヤーを論理的に抽象化します。

ESXi 仮想マシンは仮想ディスクを使用して、オペレーティング システム、プログラム ファイル、およびアクティビティに関連するその他のデータを格納します。仮想ディスクは、サイズの大きな物理ファイルまたはファイルのセットであり、ほかのファイル同様、容易にコピー、移動、アーカイブ、バックアップできます。複数の仮想ディスクを持つ仮想マシンを構成できます。

仮想マシンは仮想 SCSI コントローラを使用して仮想ディスクにアクセスします。これらの仮想コントローラには BusLogic パラレル、LSI Logic パラレル、LSI Logic SAS、および VMware 準仮想化が含まれます。これらのコントローラは、仮想マシンが参照およびアクセスできる唯一の SCSI コントローラ タイプです。

各仮想ディスクは、物理ストレージにデプロイされているデータストアに存在します。仮想マシンの観点からは、仮想ディスクは SCSI コントローラに接続された SCSI ドライブとして認識されます。ホスト上で実際の物理ストレージへのアクセスがストレージのアダプタを経由しているか、ネットワーク アダプタを経由しているかは、ゲスト OS システムおよび仮想マシンで実行しているアプリケーションに対し通常、透過的です。

仮想ディスクに加え、vSphere は、Raw デバイス マッピング (RDM) と呼ばれるメカニズムを提供します。RDM は、仮想マシン内のゲスト OS がストレージ デバイスへの直接アクセスを必要とする場合に有効です。RDM の詳細については、Raw デバイス マッピング を参照してください。